ぽんぽこぽん。

  • 2009/08/29(土) 09:28:30

べん。べべべんっ。

祇園精舎の鐘の聲、諸行無常の響あり。娑羅(しやら)雙樹の花の色、盛者(じやうしや)必衰のことはりをあらはす。おごれる人も久しからず、只春の夜(よ)の夢のごとし…。
(べんっべんっ。


はい。こんちは。

誰でも、なんとなく耳にしたことがあるでしょう、この一説。

僕もマジマジと読んだことは無いんですが『平家物語』の冒頭とぐらいは知ってます。かの有名な琵琶法師、耳なし芳一氏の奇行を心配した知人和尚のちょいミスで、彼の耳がえらいことになっちゃった、あの有名な話にも出てくる一説ですから。


みなさんも御存じの通り、そのちょいミス⇒御経を耳だけ書かなかったから…=耳だけ取られちゃったよ和尚。という悲しいお話しです。
(そう。幼少期の僕にとっては、ほんと衝撃的なお話しでした。

あのときの和尚さん。耳だけ書き忘れた=ほか全部書いた=●●●にも書いたのに…=耳だけ書いてない。というオチなります。衝撃的。
(なぜですか?和尚…。


ま。そんな話は置いといて、平家と言えばの。ぽんぽこやーーー!!に観光へ。



はい。皆さんの御想像のとおり、狸(ぽんぽこ)+合戦(やーー!!)=屋島です。




高知を出発するときは暑さで自分が、やーーー!っってなるかと思ってましたが、曇り空のおかげで誰にも迷惑を掛けることなく無事観光♪



中央左が女木島(鬼が島)、右が男木島。で、奥に見える薄っすら丘っとした山が岡山(岡山県)です。

源平の古戦場も一望できるここ、何やら値段を書かない名物らしきおでんもありで。



のれんの表裏を気にしなければ、串二本(おでん)注文で異常に愛想がいいおばちゃんの元気な『はい。六〇〇円!』の澄み切った声も聴けちゃいます。



一口(1個)300円
(ぼるるんるんるん♪るるるんるんるん…。

で、屋島と言えば源平。で、水族館。で、何がミステリーかよくわからんミステリーなロードと、日本三名狸で有名な屋島寺。



で。その奥(裏)には、なぜか狐(稲荷)が鎮座しています。



なぜ?その根本的意味を知りたい…。
(コン。ポン。だけに。。


で。そんなことも置いといて、有名どこのうどん屋に並ばずイン♪




見上げる高さほどの天井に見惚れてると。



190cm強のビックフット超人。いえ、ヒップホップ黒人さんと接触で。何気に殺されるとこでしたが、ソーリーの高い声に感無量…。泣
(那須与一の緊張感、100分の1…ぐらい体感しました。

源平の歴史を感じれる屋島、結構イケてます。

うーどん♪ たーぬき♪ きーつね♪ たーこ…。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2010/03/09(火) 18:26:55

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2010/02/27(土) 01:26:58

この記事に対するコメント

タカッ!

おでん高すぎやろ〜(笑)
ぼるるん ぼるるん ぼるるんるん♪

ええ。みなさん、渋い顔で勘定してました。笑

値段を書いてないとこが、渋さ倍でしょう♪

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ