さ〜らさら♪

  • 2007/07/03(火) 20:03:27

ロマンチックな星空に、貴方を抱きしめていたい。
南風に吹かれながらシュールな夢を見ていたい…。
(THE BLUE HEARTS/Train-Trainより)

南風は毎年、沖縄に夏の到来を告げる、南南西の季節風♪

高知では、JR四国が運行している特急のこと…です。(…。


もうすぐですね!ロマンチックな星空&特急列車?の祭典♪
(トレイントレイン笹ってゆ〜け…?

の、【七夕(たなばた)】です…!

織姫と彦星は、今週どんな気持ちで過ごしているんですかね?(第一声思案中?…元気?…少し痩せた?…衛星また増えた?

七夕は、中国から日本へ奈良時代に伝わった行事らしく、日本の古くから行われていた【豊作を祖霊に祈る祭(現在のお盆)】と、中国から伝来した【女性が裁縫の上達を願う乞巧奠(きこうでん)】などが習合した行事だそうで、モトモトは宮中行事だったのが江戸時代に、手習い事の願掛けとして一般庶民にも広がったそうです。(織姫だけに…♪


当日の夜、晴れだったらイインデスガ、そんな二人を星空から探したい?貴方に朗報!

織姫星(織女星)→こと座の1等星ベガを見付けて…下さい♪
夏彦星(彦星、牽牛星)→わし座のアルタイル…だそうです♪

………。

ベガッ!こと座…?

アルカイダ?わし座…?


ソレハ ウチュウノ ドコデスカ…。


御出掛けの際は、星座早見盤要です…。

大体、午前1時頃が天頂付近に主要な星が上り、天の川、牽牛星、織女星の三つが最も見頃になる時間帯だそうで、皆さんも缶ビールでも片手に、ベランダ等から夜更かしをチャレンジして見ては?

【七夕の泣けてくる…お話です。】
中国&日本の七夕伝説では、織姫は天帝の機織が上手な娘(働き者)で、夏彦(彦星)も働き者の牛飼いでした。
(結婚したら、きっとイイ家庭が築けそうです。

天帝は愛し合う二人の結婚を認め、二人は幸せな夫婦となりましたが…、夫婦生活が楽し過ぎて…、織姫は機を織らなくなり…、夏彦は牛を追わなくなり…ました。
(第77回チュッチュ祭り…開催です。愛深きゆえの堕落…愛は時に人をダメに…します。

この事に天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離しました。(働カザル者会ウベカラズ怒怒怒〜YES!

しかし、それも可哀想なんで、年に1度だけ7月7日に会うことを許しました…。(親心?
が、7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることが出来ないので、彦星も彼女に会うことが出来ません。(泳げ彦星…。

けれど…。(アキラメルナゲェゲェ。)←誰?

七夕の雨の夜には、二人を哀れんだ無数のカササギが、ドコからともなくやってきて(すっゲェ〜)、天の川に自分の体を酷使し、橋をかけ渡らせてくれるといいます。(彦星泳ゲェゲェ…。)

七夕に降る雨は『洒涙雨(さいるいう)』といい、織姫と彦星が流す涙だと伝えられています…が、泣(鳴)きたいのは踏まれるカササギですね…。彦星泣く?しっかり渡ってるやん。泳げ銀河を!

思うに、真実は愛する二人では無く、そんなカササギの切ない思い(涙)が雨でしょう…多分。(汗かも?


七夕に欠かせない必須アイテムの笹の葉は、祖先の霊が宿る依代が起源らしく、小さい頃に書いた記憶のある五色の短冊は、五行説にあてはめた五色、緑・紅・黄・白・黒だそうです。(成就ゴレンジャイ!
中国では短冊じゃなく、五色の糸を吊るすらしい…です。(願い事が書けんジャイ!

全国的に、短冊に願い事を書き葉竹に飾ることが一般的に行われていますが、短冊などを笹に飾る風習は、日本で江戸時代から始まったものらしく、日本以外では見られないそうです。

はぁ、困った時の神頼み精神バリバレバロです…。←バレ妖怪三段活用?

やっぱ日本人はスグ願う傾向がありますね…。(スグ祭る、新興宗教多、今回は他人の再会の場まで…。

七夕、詳しく調べてみると中々面白い…?事に気付きました。

んで…、今回調べて分かった事を七夕ドラマ風に、タイトル化して再確認してみましょう♪(復習♪復習♪

〜銀河系より愛を込めて〜
男女二人七夕物語
1、『働き者、愛に溺れ堕落した日々!?』
2、『姫、機織より熱中する何か?との出逢い♪』
3、『牛達の嘆き…。もう…逃げたい。』
4、『父の決断!娘夫婦に怒りの軟禁!!』
5、『天帝の愛…娘よ…年に一度なら…。』
6、『巻き込まれた野鳥達と遠い宇宙(そら)の奇跡…!』
7、『泳ゲェ彦星!銀河を泳ゲェ!』
最終回
8、『これ以上…鳥を踏まないで…。』



最終回でも彦星は泳がずに、鳥を踏む…、と思われます…多分。


貴方もそんな夫婦に…、願いをカケテみません…か?



そんなに伸び〜〜〜ないと思うよ…多分。



〜今日の土佐弁〜

鳥踏んだ人は【あえたらいかん】!

<意味>
鳥を踏んだ人は【会えるのは許されない】では無く、

※正→【モテ遊ぶのはダメ】って感じで使ってます。やん♪やん♪


※注)管理人の日常フィーリングデータによる。     



短冊リック↓



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/07/10(水) 23:37:48

もうすぐ・・・

7月7日・・・  保育園、小学校くらいまでは 大切な行事だったような気がするけれど、いつからか いつの間にか 過ぎ去っていることが多くなってきた。  保育園や学校が関わってくれていた頃は 大きな笹(竹)を どこ

この記事に対するコメント

ほぉ〜o(*'o'*)o
『そうながやぁ〜』
『ろまんちっくぅ〜』
っと 思わせて・・・ 笑かせてもらいました・・(笑)(笑)

「背が伸ーーーーびますよーーーーうに」の人も Good♪ ですね。

おはよ♪

ロマンチック&神秘的?な七夕
様でした。
結構な歴史もあり、古くから行われ
ていたみたいですな。

短冊の願い事でも考えてみますかね〜♪

七夕の季節ですね
あっと間に。
夜中に笑いをがまんして静かに見ております。
ひこぼし泳げ・・。
(= ̄m ̄=) ̄m ̄=) ̄m ̄=)プププッ



七夕たのしみ・・・
そらではそんなことが!?
『カササギ』偉いゾ負けんナ・・がんばれ--
+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+

でぴょんさん
こんばんわ!
七夕の夜、晴れなら彦星泳ぎません♪

さとさん
こんばんわ!
七夕の夜、雨でも彦星泳ぎません♪

お二人さん、また遊びに来て下さいね!

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ