春よ来い。

  • 2011/04/10(日) 11:03:12

おひさしぶり大根。

ひさしくの更新、驚いた方も多いでしょう。毎日の仕事が忙しく、それは見事にサボリまくってましたから。そう。去年の秋ぐらいから、過労で中森○菜さんと同じ病気も体験し、気分も、まっさかさーまーにー
































…落ちてデザイア。
(休暇デザイア♪

って感じで。で、気がつけば、もう春。


山の田んぼにも水が張られ、陽気に目覚めた蛙の大合唱が響いています。



山から流れ出す水、空からの光をいっぱいにうけて、春は色んな命が活発に活動を始めます。

ふき。



ふきのとう。



ふきのひとし。
(草野。



青いくさばな。



白いくさばな。



牛がたべそーな草。



つくし。




いろんな、くさの…






























つくし。
(仁。




この土筆。横に生えてるローズマリーチックな杉菜(スギナ)と根が一緒になってます。

土筆は胞子を沢山抱え、杉菜は太陽、水、二酸化炭素等の植物に必要な養分を摂取しています。

見た目は全然違うんですが、お互いにしっかりと役割を果たしているんです。



ちなみに戦災後の焼け野原でも杉菜の根はとても深く、一番に顔を出したのは土筆だったようです。

丁度、ひと月前に起こった悲しい出来事。今までも日本、世界、地球の歴史には色々な悲しいことがあったことでしょう。

ですが、それと同じ、若しくはそれ以上の数の、喜びと幸せも沢山あった思います。

核家族化が進み、老人や近所との付き合い、人間同士のコミュニケーションが薄れて行く現代で、今自分達が出来る役割を見直す事がこれからの人類にはとても大切なことだと皆さんも感じていると思います。

今までもそうだったように、春は何時か必ずやってきます。その春が平等に、早く皆さんのところへ届く事を自分が出来る役割をしっかり果たしながら、心より祈っています。

あてぃだてぃんどん。

  • 2010/12/19(日) 10:10:04

ぐ〜っと気温が下がってきた高知。現在、測量が辛い季節となってます。
木村カエラも、あてぃだてぃんどん。言ってます。

はい。こんにちは。


サンタがトナカイに乗ってやって来るクリスマスも近づいており、街にはイルミネーションもチカチカと。で、店舗なんかではクリスマスソングもテンポ良く流れてますが…当方は、今日も元気に、それはテンポよく…









































ゴムの塊に乗って川を下ってます。
(めりーくりすます。



ええ、今は12月、季節的にも時期的にも川で流れてる場合ではないんですが、少し仕事で調べもんがありまして。
(どんぶらこ、どんぶらこと。


他人が見たら、ははは。あいつらバカだ♪と、言われる季節にラフティングを決行。



けど、いいんです。笑われたって。この仕事が終わったら、クリスマスには暖かいお風呂に入って。
(シュボッ。



七面鳥。真っ赤なワイン。大好きなシチューと、わしわしのフランスパンを。
(シュボッ。シュボッ。シュボッ。



で、何を調べてたかは勘のいい方なら、もう御分かりでしょう。、はい。































マッチ売りの気持ちです。。。

皆さん、風邪など御召しになりませんように、御自愛を。。。

では〜。

イケイケでした。

  • 2010/12/11(土) 10:46:59

…イケイケって、もう死語ですよね?今でも何気に使ってる言葉達、無事生きてるんでしょうか。(ほんと心配です。


で、皆さん、超おひさし鰤大根♪


はい。イツも何気に使っている言葉ですが、ふいに年代がはっきり出てしまう時があったりで。

これ。酷い時には相手に通じなかったりだったりで。つっこまれればまだいいんですが、聞き流された時には極寒が襲ってきます。ほんと。
(ビュービューと。

で、昔ヤンキー語で、イケイケって言葉もありましたが、今ならきっと。




ドコヘ?


って感じでしょう。
(これ、言わば猪突猛進。物怖じしない人のコトでした。

で。バリバリ。

食感、もしくは恐ろしくノリの効き過ぎたシャツみたいですが、当時は凄いみたく使ってた記憶もあります。

…ええ。





















…あ。





























ろんぐろんぐ、あごー。
(はい。遠い昔の話です。


で、最近の僕はというと。シビレルほど、風車がイカシタ、山のふもとへ測量にゴーしてて。



山の測量かと思えば、ところがギッチョン池の測量だったりで。



冗談はよし子さんな、なんちゅうか、ほんちゅうかボートで、バッチグーな観測をそりゃないぜ…セニョリータと。呟きながら、測ってました。



…。


































ガビーン。






















…ほんと。書いてるだけで耳が熱くなってきます。

そろそろ冬も本番。年の瀬はなにかと忙しいとは思いますが、皆さんも体には気をつけて、ついでに死語にも気をつけましょう。

では、よいお年を。

バイビー♪

秋、茸場

  • 2010/09/26(日) 09:02:03

秋、深まっています。

はい。こんにちは〜↑


南国高知、やっと朝晩の気温も下がり秋の気配がちらほらと…。

先日は嫁モドキの実家から、松茸御飯を炊いたから♪なんて呼び出しもあったりで。
(秋だな、こりゃ。



で、最近の、お月さんも秋を告げる見事なまん丸具合。毎年あれ見ると、いよいよ秋シーズン到来と感じちゃったりで。


ま、嫁モドキ実家のまん丸お母さんも、こんな茸は見たこと無いでしょうね。食えないでしょうから。きっと。



…で、秋は秋生まれの僕にとって、大好きな季節。が、とても切ない季節。

秋の夜、窓からスーッと冷たい風はイイんですが、夕方ピューと吹く風はほんと切ないもんで、早く家に帰って熱いシチューなんか食べたくなったりで。

で、暑く長かった夏の太陽の日照時間も短くなり、足元から伸びる長い影なんか見ると、また熱いシチューを食べたくなり。

翌日の少し肌寒い朝も、寝起きスプーンで、とにかく熱いシチューを食べたくなります。
(大好物です。ホワイトシチューが。


…で、ビーフシチューが得意じゃない僕は、とても切ない秋の中。肉は基本、




















焼きます♪
(ええ、肉は焼くのが王道ですから。




心地よい風の中、その秋の切なさの中。セレブな肉をジュージューと。
(部位は勿論ヘレです。



で、来世生まれ変わったら、貴族なんかいいなー、家来は何人にしよーかなーと、くだらん妄想を楽しみながら対照的な霜降りステなんかも焼いて、美味い焼酎を頂いたあとに、やっと気付くんです。


(九州の芋焼酎、島乙女。


















財布も切なくなったことを…。
(はい。貴族じゃ無いですから。。

秋は、ほんと切ない季節です。。。では♪


山と人。

  • 2010/08/16(月) 20:05:29

夏山って体にイイ!
(田舎の夏、最高ですよ。。。奥さん。

はい。こんにちは。


先週、一泊二日で出掛けた甥っ子達の山間日。祖父母が高知市内出身なんで、兄貴と僕には田舎が無く、勿論その息子(甥っ子)にも田舎はありません。

僕等兄弟も、周りの友達たちが夏休みになると、先祖霊のようにスーッと田舎へ帰って行くのを羨ましく感じた事を覚えてます。
(夏は、霊も子供も実家に集合しますので♪


で、当家に無いものは、誰かに借りればイイじゃんか♪と、兄貴が毎年お世話になってる大正町の民泊へ初参加。

ほんと…。最高にいいです…夏の田舎。

映画にでてくる様なロケーションの中、棚田の間にある細い道を抜け、旧小学校へ。。。乾いた涼しい風と、夏の日差しの中、大人も子供も汗だくで野球を開催。

ホ−スから出る冷たい谷の水と麦茶でクールダウンを繰り返し、暑さが最高潮になれば川へ魚獲りに出発。

足元を流れる小川では子供達が沢山の魚を獲ったどぉ状態。満面の笑みで自慢する子供の笑顔を肴に、大人は缶麦酒で早々乾杯。
(+疲労困憊。



山一面に響く、蝉と山鳥の声。あぜ道を歩く麦わら帽子と魚獲り網。

透き通った風に揺れる、青い稲と深い緑の高い山。





夜には近くの温泉で汗と疲れを流した後、地元の盆祭り&花火大会を観戦。ほんと、田舎の夏フルコースを残さず完食。
(観・遊・食・呑、全て御馳走様♪



高知市内では、拝見出来ない満天の星空、地元の風習等、古老の話も大変興味を惹かれるコトばかりでした。



山が苦手な嫁モドキも、この村のシンボル眼鏡橋を散策。



みなさんも、来年の夏は深〜〜〜い山へ出掛けませんか?



































きっとソコには、少年のような…もう一人の自分が待ってます。。。




では〜♪

夏。

  • 2010/08/11(水) 18:28:54

夏、しっかり楽しんでますか?

はい。こんちは。


高知県では、現在よさこい祭りが開催されており、道はバカみたくの大渋滞。

オウムの様な地方車を先頭に行進する踊り子達は、恐らくナウシカの虫以上の数。老若男女を問わず、やたら乱舞ーしてます。
(らんっらんらら舞〜。森へお帰り。渋滞するから…。


ほんと。よさこい祭りは暫く参加してないんですが、自然豊かな高知。よさこい以外にも夏を満喫する方法は山ほどありで、今年の夏はメッキリ行かなくなったキャンプちっくな予定をトッピング。

内容は、子供相手に大の大人が野球の本気勝負を山奥で開催。
(子供達の笑顔を肴に一杯というイベント。


先週の墓参りの打ち上げで、兄貴にスカウトされ…、




…八宝菜のような状態の肉を見つつーの、参戦即決。



まだまだ、初フットサル。BBQ。花火大会等、イベント盛り沢山。今年の夏も、来年死んだら困るんで、しっかりエンジョイしときます。

では〜。


コクワッ改め、ぱんだイルカの完成です。

虫ライダー。

  • 2010/08/08(日) 07:20:42

30半ばにして、また取っちゃいました。














歳を。
(また無駄に…。

はい。こんにちは。


いえいえ。何もしなくても勝手に取っちゃってる歳とはちゃいます。

バイクの免許。

昔、16歳で得た中免(400CC)は17歳でうっかり公安へリリース。当時県内では16歳初っ発では取得できなかったため、熊本の馬刺降り注ぐ田舎まで取りに行った20うん万円の大物でしたが…。
(うっかり逃げられました。青春と一緒に。。。


で。2度と無駄なマネーは使わないと誓った検察庁での聴聞から約20年。
(はい。ここでリベンジ。

30代苦難の学園生活(教習所)は、いちごみるくを美味しそうに頬を細め吸い続ける草食系男子と共に肩を並べ。
(そんなにイチゴおいしいか?

風呂上がりのおっさんみたいなスウェットを身につけた加齢系女子と共に。
(お尻が脱●したオジイチャンみたいになってるよ…。

ええ。みんな仲良く僕(おっさん)と、それは奇麗な間合いを取って。楽しく卒業。。。
(教官の敬語で距離倍増♪


はい。この歳で中途半端に中免取るんだったら大型いっちゃっうのが理想。しかし教習料金や車両代とやらを考えれば破綻は鉄板。で、これ現実。



経済的&コンパクトが売りの小型です。小麦粉で言えばお好み焼きでは無く、たこ焼き。ジャーで言えば3合炊き。。


で。クワガタで言えば…



































コクワっ。










…これ。世間一般では、コマジェって言うらしいんですが、振り返れば何とも中途半端な結果。しかし、通勤号と命名すればかなりの優良児なんですな。これ。

長所は小柄で渋滞に巻き込まれない。適度な大きさで自動車からの視認性が良い。長距離でも疲れない。2尻でも楽々。維持費(車検無・低税金・保険代破格)が安い。

はい。短所はたったの一つだけ。































コクワ…。

第一印象がまるでクワガタ捕りに行って、コクワっ見つけたときの持って帰ろうか、逃がそうか、どーしよー具合にそっくりでした。
(懐かしい気持ちだ。どーしよー。

ま。買っちゃったもんはどーしよーも無いんで、これで立派な通勤ライダー(おじさん)の仲間入りです。が、心には決してシート後方に、3合炊きは憑けないと誓いました。
(まだ30代なんで。

さすがにノーマルは、おっさん仕様のクオリティが高すぎます。で、メゲズにプチカスタムを計画中。



…だって。








コクワっだって、ちゃんとクワついてますから。。。










元気に、ちゃんと飛びますから。。。









メスじゃ無いですから…。


では。来週はパンダ仕様の、こくわっをお楽しみに〜。

ばいちぇん♪


あんなこといいな♪出来たらいいな…。

  • 2010/07/15(木) 20:17:27

どこかの腕のいい大工さん。

高知県産、木材で…、


































ドコでもドアを創れませんか?
(ちゃららっらっちゃら〜♪

はい。こんにちは。


先日は、森のような町。高知県梼原町へ仕事で行ってました。


これ。なんでしょう?観光施設じゃありません。このモクモクとした建物が、この森のような町の。いわゆる行政施設(役場)なんです。。。
(モクモク全快モードです。


正面玄関は、スライド式の扉で外気をたっぷり取り込み、館内に居ても屋外の木陰にいるような感じ。
(気持ちええです。


太い梁の通った吹き抜けの天井に照明は無く、天窓から光が差し込む木漏れ日具合。


で、観光への対応も、しっかり小屋で御接待。


ほんと、ここ。山の隙間にポッカリある村落で、町面積の91%を森林が占めちゃってるラピュタ比率の森のような町ですが、人影も多くかなり活気があります。
(で、けして町のような森ではない。


このイケてる梼原町を見渡す四国カルスト高原は、標高1485mの天狗森を最高峰に東西25kmにわたって広がっており、僕みたいな自然好きにはブルブル状態。。。。
(登れば、やっほぉお〜で喉潰します。きっと。


で。以前にも書きましたが、この状態を山に縁遠い方にも分かりやすく、いちごポッキーで説明すると。

…縦に1万2千箱ポッキーぐらいの高さとなり、東に1万箱ポッキー&西に1万箱ポッキー並んでる状態です…。
(ほら。凄いでしょう。。。









…で。役場から少し車で走れば、この景色。



写真中央の下。遠くの谷スソに田んぼが見えてます♪


ほんと。最高です、
(遊びに来てたら…。


グレイトです。
(仕事じゃなければ…。



で、感無量です。。。ええ。












足元を見なければ…、きっと。


写真中央の下。遠くの崩壊スソに道が見えてます♪


…これ。崩壊なんかに縁遠い方にも、ポッキーで分かりやすく説明すると。

長さ約665箱ポッキー、幅約217箱ポッキー。高さは、約470箱ポッキーの崩壊となってます。





…どっかの腕のいい大工さん。


高知県産、竹材で…。















竹コプター創れませんか?


昔、どらアイテムで一番欲しかった、竹こぷたー。大人になった今。あのときより必要に感じています。。。

では。


ちゃららっらっちゃら〜♪
(たぁけぇーこぷたぁ〜。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 高知情報へ
にほんブログ村

ぽ。

  • 2010/07/06(火) 21:28:54

昨夜、あいあいの群れに夢で襲われました。
(アイアイアイアイアイアイアイアイアイアイあ〜い。


…はい。こんにちは。

あのとっても怖いお猿さんのあいあいも、過去に歌でブレイクしましたが、今は空前の高知ブーム中。テレビなんかで絶対聞かなかった土佐弁が、トーク番組等で連発されてたりもします。。。
(やるぜよー。やるきにっ。

が、基本、坂本龍馬の影響なんで、時代は江戸時代。高知では最近あまり使わなくなった『ぜよ&きに』がブレイクしてるみたいですね。
(東京の、あったりめーよっ&てやんでいっぐらい使わない。

で、龍馬系のドラマなんかで、たまに聞く『とさっぽ』。
(坂本龍馬等、彼等のことをそう呼んでます。


使い方は、いたって簡単。感じで書くと土佐歩と書き、読んで字の如く。高知県では仕事もせず、年がら年中、県内を左回りでグルグル歩いてる方をそう呼んでます。
(あくまでも僕の感じです。



いえ。ほんとは江戸っ子、道産子、浪速っ子と同じ感じ。高知県でポコッと生まれちゃうと、なりたくなくても自動的に『土佐っぽ』となっちゃいます。
(ぽ?ぽって何…?


で、そんな土佐っぽの有名人、並べてみれば結構いるもんで、再加熱中の坂本竜馬さんをはじめ、吉田茂ぽ(元内閣総理大臣) 、宮尾登美子ぽ(小説家) 、やなせたかしぽ(アンパンマン)、はらたいらぽ(5000点)。

岡本真夜ぽ、矢野絢子ぽ、円広志ぽ、北村総一朗ぽ、高知東生ぽ、広末涼子ぽ、西川きよしぽ&横山やすしぽ、間寛平ぽ。島崎和歌子ぽと島崎俊郎ぽはW島崎ぽで地元が同じ…ぽ。
(ぐんぐんバンク&ぺい。狙ってんか?微妙に繋がってるぽ。


…ちなみに、ぽはこんな使い方はしませんが。

で、御存知の方もいらっしゃるでしょうが、風の谷のナウシカの声優(島本須美)さんも高知県出身の方です。

この方、小公女セーラの、セーラ。めぞん一刻の、音無響子。ルパン三世カリオストロの城の、クラリス。アンパンマンの、食パンマン。

その素朴&透き通った声で、

















一時的な貧乏人。
























犬を人の名で呼ぶ、未亡人。






















家の込み入った事情で、監禁されたりする姫。






















酵母…。

ほんと。様々な役をしっかり務めてます。

ちなみに、この方。家の嫁モドキの実家に一度遊びに来てたらしいです。
(ナウシカ時代に。。。レアだ。

今の高知ブレイク。県外で活躍されてる土佐っぽも、きっと鼻が高いことでしょう。

しかし、ほんと。ぽって何?


では。ナウシカの名言でさようなら〜♪


わたし…。自分が怖い…。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 高知情報へ
にほんブログ村

古いアルバムの中に。。。

  • 2010/07/03(土) 13:54:06

水。 人の生活には欠かせないもの。
(特に夏場の太っちょさんには…。

はい。こんにちは。


判り切った話ですが、古来より水は人の生活に大変重要な物質です。
(元素記号はH20。

人間の体の6割は水分ですし、飲料としても。また、普段食している動植物も水が無ければスクスク育ちません。
(大人の階段も昇れません。

で。一生シンデレラのままです。


…そんなH20。いや水って、どっから沸いてくるんでしょうね。

そりゃ。水道局の施設からですやん。
(最近の小学生なら、こう答えそう。。。

ま。子供でも、雨が降らなきゃ水不足になることぐらいは知ってるでしょうから、空から降って来た雨を水道局の職員が両手バケツで集めてると思ってるかもです。
(総勢300名ぐらいで…。まぁ大変。






な、わけ無い。

で。水の源は雨を蓄えた山だよ。それが川になるんだよ。昔は降って来なきゃ、いい年した大人達が雨乞いダンサーズまで結成して、みんなで三日三晩クネクネしていたよ。と、雨のち水道という原理を小学生の低学年でも解るよう、説明しましょう。測量のおじさんが。。。


はい。雨を蓄えた山から湧き出た水が、小川(谷)へと流れ込んできます。とうとうと。




はい。とうとうと。



ここからも。とうとうと。

で。ここで一度。テレビから、










































とうとうが出ます。



(貞っ♪

で、清らかな谷の水は、



写真右側にある黒いパイプを伝って。。。

ここへ。



で。捻ると。



































もっかい出ます。



(貞っ♪



いえ、澄んだ水が出ます。。。



それは。見事に…。

で。供給してんのは、決して水道局ではありません。
(自然の山です。


これ。くれぐれも間違えないように。

























…田舎だけの話ですから。



一雨ごとに山の産毛(草木)伸びてます。早く梅雨明けんかな。。。


では。

とーとーとー。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 高知情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ